【フリマアプリ】先評価詐欺とは何か?【ラクマ】

自宅に居ながら、スマホやPCでネット売買ができる「フリマアプリ」が人気だ。

しかし、「先評価詐欺」が多く発生している。

 

フリマの仕組み

  1. 出品者が商品を出品
  2. 落札者が商品代金を支払う(フリマ会社が一時的に預かる)
  3. 出品者が商品を送付
  4. 落札者が商品を受け取り、「評価」する
  5. 出品者が落札者を「評価」する(ここで、出品者が代金を現金化できる)

このように、フリマ会社が代金を一時的に預かる仕組みなので、落札者が「評価」しないと、出品者は現金を手に入れることができない。

 

「先評価詐欺」とは?

先評価詐欺とは、「落札者が受取評価」したら商品を発送するというもの。

「落札者」が受取評価しているので、出品者は商品を送らなくても、購入代金を手に入れることができる。

 

「先評価詐欺」の特徴

  • 一般的に1万円~10万円というフリマにしては高額商品が多い。具体的には航空会社の株主優待券10枚で5万円などだ。
  • 1枚7,000円の航空会社の株主優待券を10枚5万円で出品したりしている。
  • 有名アーティストのコンサートチケットなどは、「受取評価後」に番号通知するなどという。
「ハピタス」でポイント貯めてます

1ヵ月で1万ポイントくらい貯めることは可能

1 無料登録Huluなど動画配信サイトに無料登録するだけで、ポイントが貯まります。
2 買物ハピタス経由で買物すると1%~2%のポイントが付与されます。
3 クレジットカードクレジットカード1枚申込で10,000~20,000ポイントという高額案件もあります。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ネット・コラム
カイザーブログ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました